スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

昨日ある方が亡くなられました。

直接面識はないのですが、

私の大切な人が大事に思っている方です。

今日は朝から雨がシトシト降り止みません。

私の大切な人が泣いているのでしょうか。

雨の調べに合わせて、

いつしか頬に涙がこぼれおち、

私は今だこの涙を止めることができません。

大切な彼女を想うと、

心がいっぱいになって、

この肉体を越して心が溢れ出てくるのです。

直接心の中を見せることができればいいのに、

それはできないことだから、

涙がこぼれおちます。

哀しみに暮れる彼女に会うわけではなく、

言葉をかけたわけではないけれど、

彼女を想ってこんなにも心が揺れ動くこと。

きっとそれが愛なのでしょう。

大切な存在がいなければ、

きっと私もここにいなかったのかもしれません。

一人ぼっちの私を、

誰かが救ってくれて、

かけがえのないその愛を信じることができるから、

私は今強く生きることができます。

怖いものなんて何もありません。

愛は、

それほど大きなものだったのか。

私は今までの時間を振り返ります。

気づかなかった愛。

失ってしまった愛。

愛を数えればたくさんありますが、

今ここに存在してくれる愛する人のために、

私は強くなります。

愛。

この世に命を受けた私たちが、

受けることができた、

最高のものだと私は信じています。

だから私はあなた想って、

何の惜しげもなく、

子どものように泣くことができます。

 

スポンサーサイト
2009-10-03(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


私も誰かを思って、夜通し泣いたことがあります。
例え離れ離れになったとしてもいつまでも消えることがない気持ちが愛なのでしょうか。
遠くにいても信じ合える気持ちが愛なのでしょうか。
そばで支えてくれる相手が愛なのでしょうか。
私も明子さんの日記を読んで、愛について考えています。
私も目をそらすことなく、周りの愛を大切にしたいです。
明子さんありがとう。
2009-10-03 18:23 | 純香 | URL   [ 編集 ]

No title

人は、亡くなってから初めてその人の生きた価値が分かると何かの本で読んだことがあります。その方も明子さんの心をこれだけ震わせたのだから、きっとすばらしい人間であり、すばらしい人生だったと思います。
他の方も書いておられましたが、私にとってもあなたの言葉、生きる姿勢が
ご褒美です。
「強く生きんと申し訳ない」
2009-10-03 19:24 | 奈々 | URL   [ 編集 ]

純香さん
あなたもいろんな経験を経て、今この時間を生きていらっしゃるのですね。
愛はとても心包まれる温かな存在でいてくれるけれど、時に自分を見失ってしまうような苦しい試練を与えてくれるものでもあるような気がしています。
ですがその一つひとつがとても大切だから、私も純香さんもこの世界で一生懸命生きているのですよね。
私はこの苦しさに負けたくない。
どんな時でも大切な人を思いながら、ありがとうと空を見上げたい。
純香さん。
お互いがんばりましょう。
コメントをありがとうございます。


奈々さん。
コメントをありがとうございます。
私の言葉、生きている姿がご褒美と思っていてくれているのですか。
だったら、私に言葉をくれる奈々さんの言葉が私のご褒美です。
この年になって思うことは、何かのお役にたちたい。
誰かに幸せになっていただきたい。
そのことだけを思って生きる毎日です。
だから時にきつい体にムチを打って、私は言葉を放ちます。
奈々さんに言葉をいただいて、素直に感謝できるし、奈々さんの存在がきっとこの世界の誰かに光を与えていると思うから。
奈々に伝えます。
ありがとう。
2009-10-06 00:47 | 明子 | URL   [ 編集 ]

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。