スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

同士の想い

今朝ニュースを見ていると、

歌で活躍していらっしゃった川村カオリさんが、

私と同じ乳がんで亡くなったということが、

報道されていました。

とてもとてもショックでした。

発病してから5年のことらしく、

言葉ではあらわすことができない、

大きな衝撃を受けました。

恐ろしくて不安で仕方なかった反面、

38歳の若さでこの世を去られたカオリさんに、

頭を深々と下げたい、そんな気持ちでした。

私が38歳の頃は、発病さえもしていませんでした。

できることなら私が代わってあげたいと思います。

残された幼い子どもが、

可哀想で仕方ないからです。

きっと母親のことがこれから必要であるでしょうに。

ですが娘さんを誰よりも心配していながら、

運命の波にのっていかれたカオリさんが、

たまらく切なかったのす。

カオリさんと私とは縁もゆかりもない、

遠い存在の方ですが、

同じ病気を経験すれば、

同じ気持ちを感じることができます。

それは自分の死を超えるとても深い気持ちです。

結局旅立つ時は自我もなく、

ただただ相手を想って逝くのでしょう。

そんなカオリさんと、

残された娘さんがたまらなく切なかったのです。

この病気と共に去ってしまったカオリさんのためにも、

この病気に打ち勝つように、

がんばろうと思いながら過ごした1日でした。

明日は抗がん剤投与の日です。

明日はナベルビンを打つので、

きついかもしれませんが、

こうして仲間に励まされ、

治療ができる自分の体に感謝して、

明日はがんばってきます。

川村カオリさんには、

心からのご冥福をお祈りしています。

 すばらしい命を輝かせられたこと、

お疲れ様でした。

スポンサーサイト
2009-07-29(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

明子さんのブログを拝見させてもらい力をもらえました。私も3年前に夫を亡くしました。残されるものの悲しみもたまりません。ですが一生懸命生きた方の命に感謝して、その気持ちを継いで生きていくのが私たちのつとめですね。お互いがんばりましょう。
2009-08-02 14:51 | 花 | URL   [ 編集 ]

花さん

そうでうね。
私も病気になって、一度は死というものに向き合いました。そして、今まで大切な人の死に何度も向き合いました。言えることは、今を悔いのないよう一生懸命いきることがとても大切なこと。これからも顔張って生きたいです。花さんも頑張ってください。コメントをありがとうございます。
2009-08-02 14:53 | 明子 | URL   [ 編集 ]

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。