スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

明子

明子という名前は、

68年前に私の母がつけてくれた名前です。

ある人は、明治の明子(めいこ)と私を呼びます。

またある人は、洋裁の仕事に明け暮れる私を、

明子(あけこ)と呼びます。

ですが私は、やはり母がつけてくれた、

明るい子ども明子です。

68年間この名前と共に歩み、

ようやく私は母の祈る明子になりました。

どんな時でも明るく笑顔を絶やさず生きていこう。

それが私の天から召された命です。

このフレーズは、

このブログを開設した時に、

自分の心に誓った言葉です。

最近、身体がきつくて不安におしつぶされます。

ある人には、

もう、私は長くは生きられないよと、

弱音を吐くこともあり、

またある人には、

大丈夫、大丈夫、

と虚勢をはったりする今日この頃です。

生まれた時から、

試練、試練の毎日で、

そこに真っ向から向き合い、

がんばって生きていたはずなのに、

どうして、神様は、

こんなにがんばった私に、

この病気をお与えになったのでしょうか。

苦しくて、哀しくて、

必至に歯をくいしばって、

私は時を過ごしています。

ようやく私は幸せの中にいることができたのに、

どうして神様は、

私に今もがんばることを強いるのでしょうか。

大切な人のことを心に思い浮かべながら、

私は涙がとまりません。

この世界がどうでもいい、

ちっぽけなものであれば、

私はがんばることもないでしょう。

こんな辛い身体を抱えて、

あっちの世界をどんなに夢見たことか。

ですが、あまりにもこの世界が美しいから、

私は生きたい。

時に憎しみを抱いたこともある、

この人生ですが、

私は私として、

この命を生きたい。

だから私は強がります。

だってあきらめたくないから。

こんなに幸せなのに、

負けたくないから。

私は明子です。

どんなに負けそうな私でも、

両手を広げて、

受けとめてくれた母がいてくれたから、

私は、私の母が信じて名付けてくれた、

明るい子ども、

明子です。

だから明日も顔晴ります。

 

スポンサーサイト
2009-10-29(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

明子さん大丈夫ですか?
神様は乗り越えられる試練しか与えないという言葉を聞きました。現に明子さんはご病気としっかり向き合って、私たちに力を与えてくれているじゃないですか。
私もこのブログを読んでいろんなことを前向きに頑張れるようになったんです。
明子さんがこれかたくさん笑顔であれるよう祈ってます。
2009-10-29 20:24 | 純香 | URL   [ 編集 ]

明子さんのお体の調子がよくないと聞いてとても心配しています。
それでも、明るく明るく努めようとする明子さんの姿に心を打たれます。

頑張ってください。
2009-10-29 21:14 | 奈々 | URL   [ 編集 ]

No title

人生って何でしょうね?生きる意味って何でしょうか?
私には、まだまだ分かりません。
ですがこのプログを拝見していると、「試練を乗り越えるため」「人に喜ばれる存在」そんなものを感じることができて、私の心の大切な部分に訴えかけてきます。
あなた様の心の痛み、私には計り知れないものだと思います。
ですが、あえて言わせて頂きます。
どうか、この試練を乗り越えてください。これだけ頑張っている、あなた様を神様は決して裏切らないと思います。あなた様のこころが、また一つ大きくなるためのステップだと信じます
。信は力なりです。
2009-10-30 03:19 | ジュンジュン | URL   [ 編集 ]

いつまでも明るい明子さんでいてください。
いつもブログ見てます。
頑張って下さい。
2009-10-30 06:53 |  | URL   [ 編集 ]

No title

純香さん
乗り越えられる試練しか与えられない。
とても力をもらえる言葉です。
生きることにおいて、何が大切か。
私は考えます。
きっと現実から目をそらさないこと。
逃げれば負けです。
ですがそこに正面から向き合えば、たとえどんなに状況が辛くても、何かを得ることができます。
そうでしょう、純香さん。
素敵な言葉をありがとうございます。


奈々さん
優しい言葉をありがとう。
奈々さんのくれる言葉が、私を明子にしてくれているんですよ。
人の愛をなしに、私は明子になることなんてできませんでした。
私が明子でいる理由は、そういうことです。


ジュンジュンさん
人に喜ばれるため
この言葉に考えさせられます。
一度はあきらめた命。
もう一度生きようと思った時に、この命をどうするか考えた時、
私は、誰かのために生きようと思いました。
それが一番私の命が輝く瞬間です。
神様が裏切らないか否かは、人間である私にはわからないことです。
ですが、私は決して裏切ることはありません。
なぜなら、必要な時に、誰かの温もりをくれて、愛をいただいて、私は今も幸せに生きていることができるのですから。


名前のない方へ
コメントをありがとうございます。
いつもブログを見てくださってありがとうございます。
いつまでも明るい明子でがんばります。
2009-10-31 01:31 | 明子 | URL   [ 編集 ]

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。