スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

先回り

ベッドに寝ていると、

急に足が痛みはじめました。

この痛みに見覚えがあります。

熱がでる前にそう言えば必ずと言っていいほど、

足が痛んでいました。

今夜も熱が出るのでしょうか。

体温を計ってみたら、

平熱よりも高い数字が出ました。

間違えまりません。

私は、事前に薬を飲んで、

温かくして、

熱に備えました。

するとどうでしょう。

熱は出ませんでした。

私は何だか実験に成功した博士のような、

感動を感じました。

私はまたひとつ自分の身体について、

知ることができたのですから。

そのことが、病気よりも一歩前進したみたいで、

うれしかったのです。

病気よりも先回りできたみたいで、

すごくうれしかった。

 

スポンサーサイト
2009-11-30(Mon)
 

みなしごバッグ

今日は予定もなく、職場へ行って、

誰のためでもなくバッグをつくりました。

091127_1544~01 

さて、困ったものです。

あてもなくつくったバッグですから。

いろいろあたってみたら、

もらってくれるという方が見つかりました。

さっきまで心を込めてつくっていたものが、

誰かのものになる瞬間は、

とても不思議なものです。

だってさっきまでは、

ずっと私と一緒にいたバッグですから。

大切にされておいで。

私はバッグに微笑みかけます。

 

2009-11-28(Sat)
 

お友達へ②

姉妹で私のお客さまになってくださっている、

お友達のために、

このようなものをつくってみました。

091126_1402~01 091126_1404~01

気にいってもらえるといいのですが。

いつも食事などに誘ってくれて、

楽しい話を聞かせてくれる私のお友達は、

何か行事があるごとに私に服を注文してくれます。

近くには既製品のお店がたくさんあるのに、

私の方をごひいきしてくださる、

ありがたい存在です。

私もそんなお友達のことを思いながら、

一枚の生地に心をこめて手を入れます。

 

2009-11-27(Fri)
 

4年目の朝

今日は朝から天気がよくて、

心も晴れます。

冷たい空気の中に立ち、

自分の中に存在する温もりを感じながら

私は車のドアを開けました。

今日は11月最後の治療です。

なぜでしょう。

とても気分がよくて、

ルンルンな気持ちでいます。

あれほど苦痛だった治療に、

私は今、

何ら臆することなく向き合うことができます。

もしかすると私は、

もうすでに病気を克服しているのかもしれません。

はじめに病気を告げられてから、

4年の時が流れます。

いろんな朝を迎えました。

それでは、今日も行ってきます。

 

2009-11-26(Thu)
 

光の下で

先日、いとこの家に行きました。

幼いころは、よくお互いの家を行き来して、

姉妹のように育った私たちです。

縁側に座って、

お日様の光を浴びながら、

いとこと思い出話に花を咲かせていたら、

近くに住むいとこも駆けつけてくれて、

とてもいい時間を過ごすことができました。

思えば何十年もの時が巡り、

私たちはすっかり年を重ねてしまいましたが、

それでもこうして一緒に並べば、

私たちはいつまでもあの頃のまま。

お日様の光が、

まるで魔法のように、

私たちをそうさせてくれます。

 

2009-11-25(Wed)
 

お友達へ

長年の友であるお客様が、

忘年会に来ていく服ができあがりました。

091120_1348~01_ed 

彼女が素敵な時間を過ごす様子を、

思い浮かべながらつくりました。

思えばもう11月も終わり、

師走に入ります。

月日の巡りはあっという間です。

2009年も残りあとわずか。

様々なことがあったこの1年に感謝しながら、

残りの1ヶ月を有意義に過ごしたいですね。

明日が楽しみになります。

 

2009-11-24(Tue)
 

感謝

木曜日は治療の日です。

昨日は半年ぶりに、CT検査を受けました。

その結果を告げた主治医の先生の言葉を、

私は疑いました。

耳鼻科にも通院している私です。

聞き間違えではないのかと、

もう一度先生に聞き返しました。

ですが先生がおっしゃることは、

やっぱり同じです。

私の聞き間違えではありません。

癌細胞が小さくなっている。

信じられない言葉です。

そのことを信じて願い、

顔晴ってきたのですが、

その祈りの言葉に包まれた私は、

今、夢を見ているようです。

本当にみなさんのおかげです。

そばで支えてくれる方

遠くで見守ってくれている方

ここで励ましの言葉をくれる方

お世話をしてくれる看護士さん

みんなが幸せを運んでくれます。

今までの辛い時間は、

山を乗り越えるために、

たどった私の足跡なのかもしれません。

決して頂上ではありませんが、

私は今ひと呼吸するために、

光が漏れる木陰に座り、

美しい景色を眺めています。

2009-11-20(Fri)
 

守るもの

私のお客さまであり、

古き友人である方が、

忘年会に着ていく服をつくってくれないかと、

仕事の注文をしてくれました。

最近身体の調子もよくないので、

引き受けるか、引き受けまいか、

随分悩みましたが、

きっと仕事をしているうちに、

今のこの辛さもどこかへ飛んでいくのではと、

引き受けることにしました。

病に苦しんで、

辛さのあまり人の温もりや優しさを見失ってしまい、

一人孤独の中にたたずんでしまうことがあります。

苦痛のあまり周りを見る余裕がなくなってしまうから。

そんな時は、

寂しくて、不安で、仕方ありません。

ですが誰かの笑顔が私の心を開いてくれて、

そばで支えてくれているみんなの愛に、

はっと気付いて涙が出てきます。

どんなにこの病が私の体を蝕んで、

私からあらゆるものを奪ったとしても、

私はそばにいてくれる人たちへの、

感謝の気持ちだけは決して手放しません。

私は、

私の歩いた道を、

私の命を、

守りたい。

 

2009-11-19(Thu)
 

念力

今週の出だしは、

とても調子のよい時間を過ごしています。

先週の苦痛がうそのようです。

熱も平熱に下がりました。

なぜでしょう。

私は日曜日の夜、

病院へ運ばれた時のことを思い出します。

もうろうとしている意識の中で、

付き添ってくれたお友達にお願いしたことがあります。

背中をたたいて、気合いを入れてくれ。

そうお願いしました。

お友達は力いっぱい背中をさすってくれて、

点滴中も全身をさすってくれました。

かなりの念力を込めてくれたとのこと。

もしかすると…。

そう振り返りながら、一人笑います。

2009-11-18(Wed)
 

誓い

最近身体がきつく、

部屋から出ることができません。

何かがこわれてしまったのでしょうか。

自分でどうコントロールしていいのかもわからず、

ベッドにうずくまります。

そんな時、妹の花が優しく歌いかけてくれます。

091116_015922_ed.jpg 

姉ちゃん、大丈夫かい?

花びらの間から、

そう妹の声が聞こえてきます。

日曜日は、

熱とめまいの辛さに、

一人でトイレに行くことさへもできず、

夜に病院へ行きました。

根治してみせよう。

病気になんて負けない。

と誓いをたてたはじめの一歩を、

私は今見失いかけています。

病気にしても、

何にしてもそうですが、

何かと真剣に向き合えば、

必ず試練が立ちふさがります。

まるで誓いをたてた私を試しているかのように、

一つを乗り越えれば、

また新しい何かがやって来ます。

ですがあきらめたら終わりです。

この病気をあきらめてしまったら、

もう再び立ち上がることができない。

再挑戦もできません。

今までの人生の中で、

一番大きな勝負になりそうです。

ゴールはあるのでしょうか。

すべてを乗り越えられたら、

ゴールにたどり着くことができるのでしょうか。

 

2009-11-17(Tue)
 

毎日夜になると、熱が出てきます。

先日はきつくてどうすることもできず、

いとこに来てもらい、

病院に連れて行ってもらいました。

しばらくうめいていると、

いつしか熱が下がり、

朝を迎えます。

最近は部屋から出ることもなく、

ずっと自分の呼吸を感じながら、

ベッドに横たわっています。

69歳の出だしはなかなかの荒れ模様。

もうすぐ穏やかな日差しを、

浴びることができるのでしょうか。

苦痛を感じない身体を夢見て、

眠りにつくことにします。

明日がどうか、

晴れていますように。

 

2009-11-15(Sun)
 

苦しい夜

平熱の低い私ですが、

昨日は38.6℃の高熱が出て、

とても苦しい夜を過ごしました。

何かある時には連絡してね。

という言葉をお友達にいただきますが、

どうすることもできず、

ただ一人部屋でうめきあげるしか、

解決する術がありません。

今日は治療の日です。

治療だって苦しいものですが、

病院に行けば安心です。

救われます。

 

2009-11-12(Thu)
 

誕生日

今日は私の誕生日です。

69年前にこの世に生を受けました。

朝目が覚めてそのことを考えながら、

父と母のことを思いました。

今日は朝から雨が降っています。

出かけようとドアを開けると、

足元に果物が置かれています。

091110_1601~01 

Rちゃんが置いてくれたとのこと。

クリスマスの朝、

枕元のプレゼントに大喜びする、

子どもになったような気持ちになりました。

ありがとうございます。

遠方で暮らす姪から連絡がありました。

私の誕生日を祝福してくれるものでした。

覚えてくれているものなんですね。

通勤前の忙しい朝に、

送ってくれたのでしょう。

やっぱり誕生日は特別な日です。

今日は私の誕生日を祝ってくれると、

いとこの家に招待されました。

都合がつかず来れない方もいましたが、

みんながご馳走をつくって、

待っていてくれました。

091110_125331_ed.jpg 

お昼からまた贅沢にお酒をいただきました。

みんなからの、

おめでとう。

という言葉がうれしくて、

とてもおいしいお酒でした。

091110_131410_ed.jpg 

ケーキまで用意してくださって、

60代最後の誕生日に、

6本のろうそくを心を込めて吹き消しました。

今まで自分が過ごした時間に、胸が熱くなります。

よくがんばったなあ。

091110_115320.jpg 

お友達がお花をプレゼントしてくれました。

お友達が好きなひまわりの花束です。

私のこれからの時間が、

明るく輝かしいものであるよう、

願いを込めて贈ってくれたとのこと。

ありがとう。

家に帰ると、

思いがけないプレゼントが届きました。

今朝メールをくれた姪から送られたものでした。

091110_1559~01 

私が以前おいしいと言って、

好んで食べていたお菓子です。

今朝は何も言っていなかったのに、

驚きと同時に胸がいっぱいで言葉がでません。

今日はたくさんの人に祝ってもらえた、

最高の誕生日でした。

まるで私にだけ誕生日があるかのように、

みんながみんな祝福してくれます。

今日私に向けてくれたたくさんの笑顔を見て、

私はここにいてよかったんだあ。

と素直に自分のことを大切に思うことができました。

ありがとうございます。

一つ年を重ねましたが、

これからも顔晴ります!

2009-11-10(Tue)
 

気分転換

家の中のそうじをしよう。

そう思ってとりかかっていたら、

一人では手が届かないところもあるだろう。

と、いとこが手伝いに来てくれました。

4姉妹の長女で、

自分のこと以上に、誰かのために、

いつもせっせせっせと動いている、

頼りになるいとこです。

部屋の中はもちろんのこと、

流しやお風呂場など、

至るところをピカピカに磨きました。

昨日と同じ部屋にいるのに、

気持ちはまったく違います。

何せとてもくつろげるし、

食事もおいしい。

気分転換は、

何かを変えたり、どこかへ出かけたり、

そういうことだけで得られるものでなく、

ここにあるものを、いつも以上に大切に思うこと。

そういうことでも感じられるものかもしれませんね。

お手伝いしてくれたいとこに感謝します。

 

2009-11-10(Tue)
 

伝わる心

遠方に住む妹の家族が、

いつもお世話になっているみなさんへと、

その地域で有名なものを送ってくれました。

わざわざそんなことをしてくれなくてもと思いつつ、

私はとても守られてるんだなあと、

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

いとこの家に届けに行くと、

幼い頃にお世話になった叔母さんがいました。

昔はしっかり者で、

いつも機敏に動いていた叔母さんですが、

今は少女のような笑みを浮かべて、

私の話に耳を傾けてくれます。

私のことを優しく褒めてくれます。

とても穏やかな時間を過ごすことができました。

夜はいとこたちが収穫してくれた、

野菜や果物などをいただきながら、

おいしいお酒を飲むことができました。

遠方から届いた贈り物のおかげで、

今日はとてもいい一日を過ごすことができました。

誰かを思いやる温かい気持ちは、

風に運ばれ、

人から人へと伝わっていくのでしょうか。

みなさんありがとう。

2009-11-09(Mon)
 

今日は地域の奉仕作業が、

朝から行われました。

私は特別に免除をもらっているのですが、

そういうわけにはいきません。

私も地域のみなさんと奉仕したいと、

参加させていただきました。

私は朝はいつも早くから職場に出かけるので、

毎日朝を経験していますが、

今日の朝はとても気持ちよかった。

澄んだ冷たい空気に、

お日様の光が優しくて、

植物の香りや、鳥の声が、

ここで生きている私の存在を、

そっと教えてくれました。

何かのためにはたらかせていただけば、

何かしらの報酬が得られるのでしょうか。

今日は奉仕作業に参加して、

朝の恵みをたくさんいただきました。

2009-11-08(Sun)
 

癒し

一人暮らしをしていると、

どうしてもテレビと仲良くなります。

特に眠れない夜は、

何度も放送されるニュースに、

繰り返し耳を傾けます。

きっと明日の朝は、

私がこのニュースをアナウンスできるな。

そんなことを考えながら、過ごす夜もあります。

よく周りのみなさんに、

気性が激しいとか、強いとかという、

言葉をいただきますが、

格闘ものや、サスペンスなど、

はらはらどきどきするものはほとんど見ません。

私がテレビのチャンネルを合わせる番組は、

たいてい韓流映画です。

意外かもしれません。

いろんな辛いことや哀しいことがあるこの世界で、

誰かをこんなに純粋に愛せるものかと、

涙を流しながら、

すっかり癒されます。

私の部屋には、

ぺ・ヨンジュンさんの置時計と、

カレンダーが飾ってあります。

病気に落ち込んでいた時、

お友達がプレゼントしてくれたものです。

今さらこんなものをいただいてもしょうがないと、

思ったりしましたが、

今は食事の時にヨンさまの顔を見ながら、

話しかける毎日です。

前でほほ笑んでくれるハンサムに、

癒されます。

今月になって新しいヨン様に会えました。

素敵な日々が過ごせますように。

 

2009-11-07(Sat)
 

与えられた数時間

今日は治療の日です。

いつもはお友達が付き添ってくれるのですが、

今日は一人で治療を受けました。

何せ今月は私の誕生月ですから。

昨日は自分のために何かをつくり、

今日は自分の身体を自分で労ります。

たくさん自分にご奉仕できる特別な月です。

誰かとお話していると、病気についての、

前向きな気持ちも、

後ろ向きな気持ちも、

どっちも正確には表現することができません。

何かを伝えようと言葉を選ぶけれど、

行きすぎたり、途中でとまったり、

バランスがうまくとれませんね。

自分に話す時は、

とても上手に気持ちを伝えられるのに。

私は毎日何かしら動いて生活をしているので、

このように何時間もベッドに横になって、

目を開けているのも、

自分と向き合える時間を持てるようで、

今日はいろんなことを考えました。

さて明日は、

どんな素晴らしい一日を過ごしましょう。

 

2009-11-06(Fri)
 

11月

お友達に布をもらったので、

今日は自分のために縫物をしました。

自分のために。

そう言えば、

もうすぐ私の誕生日です。

先日、これも自分のために、

スーパーで好きな食材を買いました。

ちょっとふんぱつして、

私の大好物を自分で料理して、

夕食にいただきました。

この月は私の誕生月なので、

いろんな意味で、

自分が自分に甘えられます。

自分に優しくされるのもわるくありませんね。

思えば生まれた時から、

いい時も、わるい時も、

一緒に過ごした相手ですから。

2009-11-05(Thu)
 

蕎麦

今日はいとこの家に遊びに行きました。

あるいとこのご主人さんですが、

とても気さくに話しをしてくれる楽しい方がいます。

多趣味な方で、

畑で野菜をつくったり、

布でぞうりをつくったり、

牛乳パックで腰かけ椅子をつくったり、

木材で収納棚をつくったり、小屋をつくったり、

いろんなことに一所懸命になられる方がいます。

今日はその方からお蕎麦をいただきました。

もちろん彼の手作りです。

私も仕事は洋服をつくること。

手づくりのもののすばらしさは、

いつもながら感じています。

今日はそのいとこのご主人さんに、

私がよく手掛けている、

バックのつくり方を教えてくれないか?

という言葉を受けて、

そこにいたみんなで大笑いしました。

本当に何かをつくることが好きなんですね。

私が今夜食べるためだけに、

大張りきりでつくってくれた、

とてもうれしい、

明日も元気が出そうなお蕎麦を、

今日の夕食はいただきました。

とてもおいしかったですよ。

ありがとう。

2009-11-04(Wed)
 

励まし

いつも一緒にお買い物に行ったり、

わざわざお料理をうちまで届けてくれて、

一緒に朝食を食べたりするお友達が、

入院しています。

おしゃべりが好きな方で、

とても陽気なお友達です。

入院していると思うと、とてもさみしくなります。

ですがそんなときは、

友だちとして精一杯励ましを与えたいものです。

091102_1413~01 

私の手作りのバッグがほしいと言っていた、

お友達のために作りました。

気に入ってくれるでしょうか。

誰かのことを想って過ごす時間が、

実は一番、自分の悩みを忘れられます。

お友達への励ましの気持ちは、

誰のものでもなく私の励みになっています。

どうかはやく元気になってください。

2009-11-03(Tue)
 

弟妹

昨日から、隣県に住む、

私の弟が帰ってきてくれて、

弟が、私の部屋にいてくれます。

自分のために作る料理だったら、

どうにだってふるえることだけど、

誰かのためにつくる料理は違います。

一生懸命弟のために力をつくし、

へとへとです。

弟よ。

私には弟が2人、妹が1人の、

4人弟妹です。

弟妹は生まれたときから、

私を支えてくれて、

そばにいてくれた存在でしたが、

今は、末っ子のただあなただけが、

姉さん、元気か?

と、私のもとに来てくれます。

かけがえのない、弟妹です。

ありがとう。

これからの時間、

失ってしまったかけがえのない命のためにも、

お互いがんばって、

一緒に生きていこうね。

きっと勤勉なあなたの兄と、

いつも誰かのために生きていた心優しい姉は、

今もあなたと私を見守ってくれているだろうから。

そういう愛に包まれて、

私たちはどこまでも生きていこう。

ねえ、弟よ。

 

2009-11-01(Sun)
 
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。