スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

栄光の架橋

私は今から8ヶ月前、

昨年の6月10日を忘れることができません。

治療が終わったばかりの木曜日の午後でした。

苦しくて苦しくて、

自分の部屋のベッドに寝ていた私に、

お友達が素敵なプレゼントを運んでくれたのです。

そのプレゼントは、

このブログです。

「世界中のみんなに生きる姿を見てもらおうよ。

 この青いキャンバスに、

 おばちゃんがこれから毎日色をつけるんだよ。」

そう微笑みかけてくれたのでした。

それからみなさんに語りかける、

私の毎日がはじまりました。

はじめてコメントがきた時のこと、

優しい言葉が送られてきたこと。

私を励ましてくれたたくさんのご声援。

今日は何をみなさんと語り合おうか。

そう考える毎日が楽しくて楽しくて、

私はもう一度生きる希望を見つけたのでした。

みなさん。

本当にありがとうございます。

毎日毎日私と一緒に、

生きてくれてありがとうございます。

昨日のブログにも書いたように、

私はこれからがんばらなければなりません。

もうこの病気と本気で向き合わなければ、

病気において行かれそうになるのです。

しばらく、

私の病気が回復するまで、

このブログをお休みさせていただこうと思います。

がんばる時は、

一人がいいのです。

ですが私はみなさんに大切なものをいただきました。

だからきっと大丈夫。

またみなさんに何かをお話できる時が来ると思うのです。

そう信じて、

みなさんにありがとうと言いいます。

ありがとうございました。

私の携帯電話の着信音にもしている、

栄光の架橋を、

どうか一緒に聴いてください。

私はこの歌をみなさんにうたいながら、

新しい舞台の、

幕を開けることにします。

みなさんと過ごした時間が、

これからの私の栄光へと続く、

光輝いた架橋になることを心から信じて。

明子

 

栄光の架橋

(↑クリックをお願いします。)

スポンサーサイト
2010-01-23(Sat)
 

がんばれ

ずっとベッドに横になっていると、

お腹がすいてきました。

気づけば副作用を避けるために、

ずっと食べていなかったから。

私は自分のためにシチューをつくりました。

何となく食べたくなったのです。

コトコトと煮込んでいる間、

様々なことを考えました。

以前もこうして誰かのために作っていたなあ。

幸せな日々を思いだします。

あの頃の景色や香り、

そしてあの頃の気持ちが、

鮮明に浮かんできて、

私は束の間の幸せを鍋の底に見つけました。

そして今という現実を私は考えました。

ついさっきまでは、

苦しくて寝込んでいた自分の姿を、

客観的に見つめながら、

私はシチューをかき混ぜます。

がんばるしかない。

私は自分に言い聞かせました。

がんばるという言葉が、

嫌いな人もいるようですね。

今も十分がんばってるんだから、

それ以上がんばれという言葉は、

言ってほしくないとか。

でも私はがんばるという言葉が大好きです。

がんばっていても、

がんばれていないことだって、

きっとあるでしょうから。

私は今日がんばっても、

明日はもっとがんばりたい。

そうしたら年を重ねるごとに、

最高のがんばりを見せられるじゃないですか。

がんばることをやめたら終わってしまいます。

立ちあがるための最後の手段は、

もうがんばるしかないと思うのです。

本気にならなければ、

人はがんばることなんてできないですから。

がんばることって、

誰もができることだけど、

私は特別なことだと信じます。

だから私は、

がんばれという言葉を、

とてもうれしく、

とてもありがたく、

みなさんからいつもいただいているんです。

ありがとうございます。

 

2010-01-22(Fri)
 

明日

今日もまた激しい副作用がおそってきて、

ずっとベッドの中で過ごしました。

食したものは全部出ていってしまうし、

体には力が入らないし、

口の中は口内炎だらけで、

起き上がりたくもないし、

何も食べたくもありません。

病気の恐ろしさを改めて感じます。

どうしてこんなにきつい思いを、

この年になってまで経験しなければならないのでしょう。

何をすれば解放されるのか、

どこにぶつけたら癒されるのか、

わからないまま、

涙があふれてきます。

明日はどうか今日よりも、

気分がよくなっていますように。

2010-01-21(Thu)
 

りんご

以前もそう綴りましたが、

りんごを食べると妹を思い出します。

店に行くと、

妹が好んで食べていた銘柄のりんごを、

探します。

今日はいくらか副作用が軽かったのですが、

ものを食するのがここのところ不安で、

食べる気がおこりません。

でもそれでは弱ってしまうので、

今日はりんごを煮て食べました。

食欲がない時はいつもりんごを手にとります。

りんごが食べやすいからというわけでなく、

りんごの甘さが、

妹の優しさにように、

体をさすってくれるから。

退院してから部屋でほとんどの時間を、

一人で過ごしています。

今は苦痛の隙間から自分を見つめ、

そして向き合い、

来る日も来る日も痛みだけがそばにつきまとう、

やるせない時間を送っています。

でもそんな時でも、

人は決してひとりになることはない。

いろんなかたちを経て、

様々な優しさを受けることができます。

だから私はいつも苦しい時は、

りんごを手にとるのかもしれません。

 

2010-01-20(Wed)
 

健康

夜中から副作用がひどく、

今日は病院へ行きました。

すると先生からこのような言葉が。

「そのうち慣れますから。」

私は気が遠くなるのを感じました。

先生のお言葉に対してではありませんよ。

私の健康は、

もはやこの現実に慣れることでしか、

得ることできないのかと思うと、

先の未来がぼやけてしまったのです。

慣れることが、

私の安らぎなのでしょうか。

もしも願いが叶うとしたら、

ひと時でいいから、

すべての病気から解放されて、

本当の安らぎを感じてみたい。

以前は毎日当たり前のように、

健康に過ごしていたのに。

健康とは失ってしまって、

はじめてその存在の大きさに気づくもの。

そばにいてくれたことが、

こんなにも幸せなことだったんだって、

今さらながら愛おしく思えます。

私は健康に恋をしているようです。

これから先、

実ることのないこの思いに、

私は焦がれてしまうのでしょうか。

それとも私たちを引き離した病との生活に、

慣れてしまえと言うのでしょうか。

 

2010-01-19(Tue)
 
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。